店舗デザイン

GWィィィークもおわり、5月病に浸ることなく慌しくやってます。
お休み中の計画をできなくて、さぁなにしようかと嫁のかぁちゃんの知り合いの山小屋を借りることができ急遽熊本は阿蘇へ2泊3日で心と体をリセット。やっぱ何度行っても阿蘇は奥が深いっす。
俵山の朝日。(本当は雲海を狙っていたが朝日だけでも感動)
c0079716_1056798.jpg

阿蘇の大自然
c0079716_10562640.jpg


まぁそんなことのあったGWでしたが実はそれまでの4月はてんてこ舞いやったとです。

VIOROという福岡天神の中心部にある商業施設内店舗をやらせていただいたり・・・
他のネタはまた後日。とにかくこの4月末に竣工が3件とコンペ一件が同時多発的に行われていました。
その中でも今日はGW5月1日にオープンしたばかりの福岡初上陸イタリアブランドショップ、日本では初の店舗となります。
その名も「ONETACK(ワンタック)」。以前大阪のIT会社の福岡支店オフィスのデザインをやらせていただいたお客様からの紹介で同じく大阪のアフェリエイトプロモさんという企業からのご依頼でした。
納期は無かったものの居ぬき状態のリメイクということで、イチからではなかったのは効を奏しましたが、言っても福岡初上陸で日本では初店舗ということもあり、ブランドイメージはかなり重要視しました。
c0079716_11404663.jpg

c0079716_1141610.jpg

c0079716_11412147.jpg


この「ONETACK」という言葉自体はヨット用語(すいませんあまりに知識が薄いですので誤りがあればご指摘ください・・・)。イタリヤでは、というか海外ではかな?ヨットという遊びが高貴なつまり富裕層の遊びとして定着しておりカジュアルにヨットを楽しむグッツが結構高価なものでも売れているとか。
本国イタリアのショップではもっとスポーティーなイメージの店舗だが日本で同じイメージが成立するわけではないと会長は確信。確かにスポーティーなブランドでしかもバックなど日頃から持ち歩くものとの接点はあまりまだ無い様に感じますね。だからあくまで価格に見合った高級感を損なわない店舗イメージ。与えられたテーマは「イタリアンモダン」と「ラグジュアリー」。細かいことを言い出すとデザインを固執させちゃうからと、このテーマだけを元にやらせてもらったことは非常に嬉しかったし、やりやすかったですね。初めて会うデザイナーにこういったことを言える勇気というか、信頼関係を築こうとしてくれた姿勢に感謝です。

商品はバックや財布などがメイン。
c0079716_1126524.jpg
高級だがやはりどこかスカジュアルで男性にも女性にも好まれるのではないかと思った。うん、欲しい。工事に入ってくれた監理の担当もオープン前日に商品を見て明日買いたいなぁと言っていたけど翌日値札が出てから断念したとか、しないとか・・・。

ブランドとしては本当にVIOROにふさわしいというか、VIOROが似合う感じでした。
皆さんも是非福岡にこられた際はVIORO4F ONETACKを覗いてみてください。

久々に店舗をやらせていただきましたが、いやぁー面白かですなぁ。
あ、そして今回時間が限られた中で段取りよく工事を進めていただいたCPOの塚本さん、逢坂さんありがとうございました。
オープン当日の5月1日、弊社CGディレクタの角戸Dの結婚式前に松島と開店祝いのお花を届けに。
c0079716_11445163.jpg

美人店長さんに手渡しをして、そそくさ結婚式に行きました。(ダッシュ・・・)

そして前代未聞の緊張っプリを見せてしまった主賓挨拶の大役。
また次回・・・。


応援クリックお願いします。
今何位?
にほんブログ村 経営ブログ 若手社長へ
にほんブログ村
[PR]

by shigotobiyori | 2010-05-10 11:44 | 企画

<< ナレッジキャピタル トライアル... 自分のバカ! >>