カテゴリ:経営( 3 )

新人キリンちゃん

3月です。
早いです。

そんな3月1日から、即戦力新人投入
首を長くして待ちにまった女子社員、その名も「キリンちゃん」
c0079716_10265540.jpg

どうやら本名です。今のところ本人はそう言っています。

私の師匠「雅(みやび)」からの電撃移籍。
師匠からも「キリンを頼んだ!」と上野動物園のパンダがどっかに移されるときの飼育員の涙を思い出しながら私も「立派に育てます!」と・・・。
詳しくは、というか本人はスタッフブログにて、そして苗字が知りたい人はお電話ください。

ということで新人ながらも、No8MATSUのエースの座を脅かす新エースにご期待ください。
ついでではないですが、3月後半には弊社CGパース部部長が東京からみやこお・・・いや帰還されます。

現在、私はアド通という社内誌作成をサボりながら、企画モノに挑戦を続けています。福岡に今までに無いワークプレイスと新しいオフィス文化を発信(予定)

さっき詳しく書いたけど、全部途中で消えちゃっ断念。
また気を取り直して書きます。
EUで2010年に開かれたとあるカンファレンス。コレが今世界ではムーブメントになりつつ。
c0079716_10274814.jpg

ツイッターでは3月を過ぎたので少しずつ、つぶやいていますのでそちらでもどうぞ。
ツイッターアカウント:addalpha001




応援クリックお願いします。
今何位?
にほんブログ村 経営ブログ 若手社長へ
にほんブログ村
[PR]

by shigotobiyori | 2011-03-04 10:30 | 経営

2011年10周年アニバーサリー宣言

あけましておめでとうございます。
昨日から「仕事始め」となった株式会社アドアルファ代表の中島ヒロシです。

2011年1月1日!おかげさまで2001年1月1日に個人創業してから丸10年を迎えることが出来ました。今年出した会社の年賀状の数400枚は、まさしく今までお世話になった方々の数。いやそれ以上の数え切れない「ヒト」との関わりで今の自分が形成されていると実感しています。


c0079716_2215974.jpg

10周年マークが無かった方申し訳ない。実は途中で気づきました10周年に・・・




10年!

ひとつの目標だった。

昔、友達が働くすし屋の大将に10年やってようやく一人前と言われ、ただひたすらにやってきました。そして本当に多くの方に支えてもらいました。でないと普通高校出でデザインの「デ」の字も知らずに10年は続けられなかった。経営なんてとんでもない。今まで雇われたことが無いのに、社会の常識もわからない上に本来であれば社会の「イロハ」を教えてくれるはずの父も予備校時代に他界。勝手に今でも父代わりと思っている、今でも唯一無二の師匠、パースデザイン事務所「雅」の伊藤先生と大津先生には本当に感謝している。この場を借りて深くお礼を頭を下げたい。
「本当にありがとうございました。そしてこれからも宜しくお願いします。」

丁稚奉公で1年お世話になってからは、本当に誰にも雇われずにきてしまっただけに会社とは何なのかが一切解らないので「会社とはこうないといけない」とかが「無い」ただ「こうはなりたくない」だけは人一倍あったかもしれない。昔から私たち昭和50年生まれ世代にはあった将来像、「サラリーマンにはなりたくない」が合言葉のようでもあった。事実、なぜか周りの同世代には独立者が多い気がする。

しかし今10年経ってみて、大して実感は「無い」

まだまだ発展途上。これっぽっちも満足できない。

もっともっともっと!!

「もっと・・・なに?」

といわれると解らない。


ただ「もっと」。



10年!


仲間が出来た!これは本当に10年の財産。ウサギ年のせいではないと思うけど寂しいと死んじゃうからか(古い?ん?そういえば今年ウサギ年だな)10年前から、とにかく仲間が欲しかった。そして今8人の仲間がいる。いてくれる幸せ。アドアルファを去ったヒトもいる。西川央子、宮部哲大、内山美紗子、綱脇美穂、栗原雅樹、今でも「アド通」なる月一の社内報を一方的に送り続けている。アドアルファのその後を見守って欲しい。そしてジーちゃんバーちゃんになったときにまた笑って共通の話題で笑いたい。
このアド通は50号を目前に今、停まっている。時間が無いことの言い訳もありながら必ず(語弊あり)出してきたが、なにかを変えたかった。今月から10年の節目にまた再開します。関係者の方少々お待ちを。

c0079716_222953.jpg



改めてアドアルファの由来。
実はこの商号30分で決めないといけないタイミングで30分で決めた名前だが、今ではその意味も含めまだ、他の名前に変えることは出来ない。かっちょいい建築家のヒトにも「中島君もうそろそろ良いんじゃない?」とか言われながらも変えれない。株式にするときに本気で考えたが結局変えれず。
その由来とは

addalpha.

add:[加えつづける]

単純にプラスアルファというのを「継続的に」行ないたかった。

お客さんへもプラスアルファのサービスを与え続けたい。
仲間も、技術も、知識も、仕事も、売上も。

決して皆減ることが無いように。知識もそうだが実は何も減らない。ただただ蓄積されていく。そう考えたいし、そう努力したい。辞めたヒトもいるが出会った以上、減るわけではない。ずっと皆の記憶には残り続ける。ただ「雇用」という関係がなくなっただけ。そしてまた会える。
「父の死」の教訓から言えるのは、

「死んじゃ駄目だ」

記憶にしか残ることが出来ず、更新できない。停まってしまう。
だから、皆には健康だけにはそして事故だけには本当に気をつけて欲しい。


だんだん話があらぬ方向へ行きそうなので由来はこの辺で。

さて10年10年言ってもこの不景気は変わらない。
でも不景気しか知らないので景気がいいのも正直よく解らない。

ただ、今やるべきことをやっている。そして今楽しむべきシゴトを楽しんでいる。
よっぽど世間が景気が良くて自分たちだけ悪かったら多少はあせるかもしれないが
ある種、有難い。

今までが間違っていた結果の不景気ならば、今までの経営の「当たり前」じゃなくて良い。

今までのデザインの「当たり前」じゃなくて良い。

自分の正しいと思うことを精一杯やれば良い。

ということで3年前に法人化したときに社内会議で恥を捨てて皆に言ったコトを改めてココで。

アドアルファは
「青春カンパニー」である!!!!

(もうだいぶ恥ずかしさは無くなった。むしろ気持ちいい)

カンパニー理念
「全てのはたらく環境にムーブメントを」

労使見解ならぬ有志見解!
(以前までは行動指針といっていたかな)
第一条:「すきこそモノの上手なれ」
第二条:「人聴謙虚・自信前進」
第三条:「着眼大極・着手小極」

勝手にカンパニーテーマ曲(無許可)
「全身ゴーマイウェイ」イナズマ戦隊
作詞:上中丈弥 作曲:イナズマ戦隊 編曲:イナズマ戦隊
歌詞はこちら
http://j-lyric.net/artist/a00187d/l00d6ad.html
YOUTUBE
http://www.youtube.com/watch?v=eEUjAfrNnZM
イナズマ戦隊オフィシャル 
http://www.inazumasentai.com/index.html

この10年間このイナズマ戦隊の情熱満載の歌に何度も奮い立たされた。
この先も武道館目指してがんばれ!イナ戦
ちなみにイナ戦LIVE情報も
<2011年ワンマン公演>
NEW!●04/02(土)Zepp Fukuoka
開場16:00 開演17:00 前売り3,675円(税込・全席指定・D代別) 2/26(土)発売!
問:キョードー西日本 092-714-0159
 ♪イナ戦、初のZEPPワンマン公演!
 ♪チケット先行予約情報は暫し待て!

とかなんとかも色々含め
これを今までの経験、知識等々駆使してコレをちゃんとカタチにしたい。
そういう経営の一年を目標と掲げる!

としよう。

では今年一年アツイアツイ、アドアルファスタッフ共々宜しくお願いします。









応援クリックお願いします。
今何位?
にほんブログ村 経営ブログ 若手社長へ
にほんブログ村
[PR]

by shigotobiyori | 2011-01-06 22:35 | 経営

経営とデザインの狭間

どーもです。
月末です。来月は決算月の㈱アドアルファです。
今日、送られてきたとある冊子。信用調査の会社の帝国データバンクさんの冊子に取材してもらった記事が載ってました。
c0079716_17413218.jpg


オフィスデザインという特にまだ福岡では興味をもたれない分野で仕事をしているとこういう機会も少なく、客観的に記事を書いてもらえるのはやっぱり嬉しいです。
ありがとうございました。もう少し痩せます・・・。


さてさてこんな記事も載りながら最近では「オフィスデザイン」という会社としての主たる業務と「デザイナー」という個人的な職種と、「経営」という会社としての必要不可欠な業務と「会社のリーダー」という個人的ではないにしても「個」としての能力。この2つに見えて4つの役割があることに真っ向から挑んでおります。良く判らないかも知れませんが、デザインというやりたかったコトで独立し、実際にはデザインという仕事は現場でもホンの一部。まぁコレはデザインをやっている人は誰しも思うことかも知れませんね。やっぱりお客さんあっての仕事、そして予算などがあっての仕事、いわゆる「デザイン」する時間はこの中でも1割くらいかな?でもコレは当然コレがあるから「デザイン」だろうし、そこが面白い!1割の時間のデザインを残り9割の時間を費やしてカタチにしていくのだから。やっぱり面白い!

そこで、私の場合はというか一般的にも設計事務所の代表者やデザイン会社の管理者もそうであると思いますがこのデザインという仕事を今度は管理する側にまわるコト自体の「疑問」。当然会社だから誰かが管理せねばとは思う。私も昔々に経営者の方々に念を押されたこともあった。「経営者か技術者かどちらかを選びなさい」と。
悩みは尽きない。難しく考えなくても良いのかも知れないが。私が今やっている経営は経営ではないと思っている。但し、オフィスデザインという特殊な技術を要する仕事ではこの「経営」の頭が必要不可欠になるのは間違いない。そう思うと自社の経営を通して客先にも通用する技術を得ていると思うと、楽しくてしょうがない。「経営」もデザインできる。(デザインの定義が曖昧ですいません)

こんな特殊な仕事に出会えたこと、そしてこんな特殊な仕事を担える仲間のリーダーであるこの境遇に感謝をしなければいけませんね。

さらに、皆さんも思ったことはあるのでは?「自分がもう1人いたらなぁ」「コピーロボットが欲しいなぁ」私も常に思っていた。私にはこの境遇に加えてさらにこの解決法も持っていた。これで冒頭の4つのことが全て叶うとしたら・・・。
c0079716_17433260.jpg

まぁ大したことではないのですが、気になる方は9月以降に事務所にお越し頂ければその解決法がわかるかもしれません。

なんだか変なブログになりました。
とにかく、来月は決算月。お蔭様で売上は前年越えです。
新しい4期目のアドアルファに今後もご期待ください。





応援クリックお願いします。
今何位?
にほんブログ村 経営ブログ 若手社長へ
にほんブログ村
[PR]

by shigotobiyori | 2010-07-30 17:43 | 経営