カテゴリ:企画( 5 )

新学期

4月です。
早いです。

という前回と同じ心境です。

しかしこの間に起きた東北大地震から福島原発問題。
心境的には本当に落ち込んだ日々が続きますがこの今の日本の状況でいつまでも
我々が落ち込んでもいられません。偶然にも元気に日常を過ごせる我々は自分たちが出来ることをただがむしゃらにやるだけ。というかやらなくちゃ!ですよね。

先週には東京から一時避難で福岡を訪れているスイス人「ティム」が来社。
プロダクトデザインを手がける彼の作品やシゴトにはアドメンバー皆興味津々。
日本語も話せてプロダクトも出来る。是非今後も一緒にプロジェクトを進めたいと感じた。
さらにインターンで来ている「ダニエル」もまた流暢な日本語でアドに興味を抱いてくれている。
何だろうこの国際的うけ・・・。
しまいには、昨日のアドフットサルにも参加して一緒に汗を流す!フットサル間もないアドチーム。あまりの素人ぶりに早速助っ人外国人起用?!
c0079716_11541313.jpg

c0079716_11542312.jpg
c0079716_11543361.jpg


ダニエルの話も出たところで、
「Co-Working(コ・ワーキング)」というお話を少し。

現在、世界中に広がっているCoworkingというスタイル。そもそもはSOHOで働くフリーランサー中心の人たちが「ヒトとのつながり」を求め集まってシゴトをすることで「場と効果をシェア」する目的で出来たスペース。日本にはまだ「協業」という概念が薄いこともあり、このCoworkingとは?という概念は人それぞれな感じがある。
c0079716_12422824.jpg

働く空間を10年取り扱ってきた私なりの見解は、大きなムーブメントに成り得る「これから」のワークスタイルもしくはワークプレイスでは無いかとアドレナリンがでまくっている。
その大きな理由のひとつに、現代の不況が物語る今までのワークスタイルの否定から入らなければならないと思う。当然今までの経済には今までの働き方が恐らくマッチしていたと思う。まぁ思うしかないだろうが、今から・・・と考えたときに「果たして仕事場は一人にひとつか?」もっと言うと「果たして仕事そのものは一人に一個か?」ということにも繋がる。大企業に勤めて老後まで世話をしてくれる終身雇用の時代がとうの昔に終わり、副業や女性の社会復帰、または定年退職後のシニアワークなど「人生におけるシゴト」をもう一度見直す必要は既に皆さんの周知の通りと思う。
そんな中においても、メインワークの中ですら一社で全てのワークフローを行なえていた今までと違い他社や他者との協業は必要不可欠。なぜか?
「IDEA」である。このIDEAを人は求める。情報は腐るほどあるがその情報を加工する「ヒトの頭脳」は個人がもてる最強の武器であり、記憶が続く以上墓場まで持っていける技術である。
皆、わかっていること。そう解ってはいるが、いざプロジェクト単位になると社内でのブレストが基本になっている。「あたりまえ?」かな?!どうだろうか?今までの「あたりまえ」が全て正しかったか?などなど色々考える。
じゃぁ、そのIDEAを色んなヒトからもらえないだろうか?その道のプロにしか思いつかないIDEAは無いだろうか?そのIDEAを求めるときに隣の人が社内の人間ではなく社外のその道のプロだったらその場ですぐにでもカタチに出来ないだろうか?

こういう「場」が今、どっかにあるだろうか?

個人も企業人も日本人も外国人も元請も下請も無くフラットに交われる「場」。
イタリアには「Bar(バール)」と呼ばれる交流の場がある。日本にも居酒屋やコミュニティの場はあるが、今この世界中でムーブメントを巻き起こしている「Cowroking」は日本にどのようにして入ってくるのか、文化として日本人は受け入れないのか?!

是非やろう!

福岡からも「CoworkingSpace」を!

そんな気持ち新たな4月の始まりです!!










応援クリックお願いします。
今何位?
にほんブログ村 経営ブログ 若手社長へ
にほんブログ村
[PR]

by shigotobiyori | 2011-04-04 12:42 | 企画

addalphaの住宅設計

乙です。
オフィスの企画・デザインのアドアルファがなんと住宅やりました。
c0079716_15121640.jpg


「住宅やったことないですよ・・・。」ときっぱりお話したのですが
「できることなら」ということで
やってみました。

c0079716_154644.jpg


結果、うすうすは感じてましたが、「住宅って面白い」

ずっとアドアルファは「オフィス」というカテゴリーにこだわってきました。
でないと、「自分がブレる」きがしてました。
当然、今からもそれは変わりませんし、オフィスの「特定多数」のヒトが交わる面白さもこれからです。

でもってド素人の私が10年目にして人様のお宅をやることに関して
とにかく自分らしい空間をということを念頭に施主とその家族の「特定少数」のヒトのための
空間を考えました。

最終的に施主にご満足頂き、設計冥利に尽きる言葉をたくさんいただきました。
本当にこのような機会を与えてくれた施主には感謝感謝です。

内容的には
大雑把に言うと間仕切り壊してオープンな空間を作っただけちゃだけですが、随所に
「らしさ」を出せたかなと自画自賛。
予算と慣れない業者さんとのやり取り、造作で造れるような棚をあえてNEUSTYLEさんの家具で入れるなどなど。

c0079716_14591523.jpg


あとは使うマテリアルを予算の許す限りこだわったかな。
施主のたっての希望での無垢のフローリング財。
これには無垢の良さと必要なメンテナンスと相反した、「転勤族」という難題。
無垢は本来、オイルフィニッシュで仕上げるのが一番風合いも出るのだが転勤が多いとのことで
賃貸に出したときに当然、借りるヒトのメンテなどあてにできない。
かといって、メンテフリーなUVという仕上げにすると無垢かどうかわからないくらい「テカテカ」してしまう。
そこで、無垢に尋常じゃないこだわりを持っている「ニッシンイクス」さんにご相談。

ナラ材のランクをA~Dという混在したものにウレタン塗装で色指定をしてあげて光沢を0に指定。
そうするとフローリング幅が120mmという大きめでしっかりと「無垢っぽさ」を出せて仕上げのウレタンも
光沢無しで価格を抑えることができる。

うーんさすがニッシンイクスさん!勉強になりました。
こんな感じでし
c0079716_14484618.jpg


空間的にこのフローリングをメインにはするものの「バリアフリー」な現在に
もともと段差があったマンションでしたのでどうせならという思いと
オフィスでもよく使う「段差による空間わけ」を用い程よい段差で目線を動かし同じオープンな空間を
「リビング」「ダイニング」「キッチン」を分けることにしました。
なので「バリア」ばっかりです・・・。

小さなお子さんもいるし、よい運動?!いやよい仕切りができました。
c0079716_153301.jpg


さらにはキッチンも変えたかったという施主の意向を覆してしまいながらもせめて表装だけはと思い
苦肉の策ではありましたが、当初の計画でも考えていたちょっとした学校からのお知らせなど入れておく
「チョイ置き棚」をつけたキッチン表層を付け加えました。
我が家もそうですがついつい溜まってしまうこの手のお手紙や学校からのプリント。
見て直せば良いものの、「すぐ要るから」と妻の声・・・。
散らかしても目立たないようにするには・・・。
こんな感じの棚であれば、この中であれば、いくら散らかしてもかまいません。
c0079716_15205618.jpg


てな訳で、アドアルファ初の住宅完成です。

改めて設計の面白さと家族を相手にできる仕事の楽しさを経験できました。

これからも住宅やりますね。(お願いされれば)

では。


応援クリックお願いします。
今何位?
にほんブログ村 経営ブログ 若手社長へ
にほんブログ村
[PR]

by shigotobiyori | 2010-09-24 15:05 | 企画

店舗デザイン

GWィィィークもおわり、5月病に浸ることなく慌しくやってます。
お休み中の計画をできなくて、さぁなにしようかと嫁のかぁちゃんの知り合いの山小屋を借りることができ急遽熊本は阿蘇へ2泊3日で心と体をリセット。やっぱ何度行っても阿蘇は奥が深いっす。
俵山の朝日。(本当は雲海を狙っていたが朝日だけでも感動)
c0079716_1056798.jpg

阿蘇の大自然
c0079716_10562640.jpg


まぁそんなことのあったGWでしたが実はそれまでの4月はてんてこ舞いやったとです。

VIOROという福岡天神の中心部にある商業施設内店舗をやらせていただいたり・・・
他のネタはまた後日。とにかくこの4月末に竣工が3件とコンペ一件が同時多発的に行われていました。
その中でも今日はGW5月1日にオープンしたばかりの福岡初上陸イタリアブランドショップ、日本では初の店舗となります。
その名も「ONETACK(ワンタック)」。以前大阪のIT会社の福岡支店オフィスのデザインをやらせていただいたお客様からの紹介で同じく大阪のアフェリエイトプロモさんという企業からのご依頼でした。
納期は無かったものの居ぬき状態のリメイクということで、イチからではなかったのは効を奏しましたが、言っても福岡初上陸で日本では初店舗ということもあり、ブランドイメージはかなり重要視しました。
c0079716_11404663.jpg

c0079716_1141610.jpg

c0079716_11412147.jpg


この「ONETACK」という言葉自体はヨット用語(すいませんあまりに知識が薄いですので誤りがあればご指摘ください・・・)。イタリヤでは、というか海外ではかな?ヨットという遊びが高貴なつまり富裕層の遊びとして定着しておりカジュアルにヨットを楽しむグッツが結構高価なものでも売れているとか。
本国イタリアのショップではもっとスポーティーなイメージの店舗だが日本で同じイメージが成立するわけではないと会長は確信。確かにスポーティーなブランドでしかもバックなど日頃から持ち歩くものとの接点はあまりまだ無い様に感じますね。だからあくまで価格に見合った高級感を損なわない店舗イメージ。与えられたテーマは「イタリアンモダン」と「ラグジュアリー」。細かいことを言い出すとデザインを固執させちゃうからと、このテーマだけを元にやらせてもらったことは非常に嬉しかったし、やりやすかったですね。初めて会うデザイナーにこういったことを言える勇気というか、信頼関係を築こうとしてくれた姿勢に感謝です。

商品はバックや財布などがメイン。
c0079716_1126524.jpg
高級だがやはりどこかスカジュアルで男性にも女性にも好まれるのではないかと思った。うん、欲しい。工事に入ってくれた監理の担当もオープン前日に商品を見て明日買いたいなぁと言っていたけど翌日値札が出てから断念したとか、しないとか・・・。

ブランドとしては本当にVIOROにふさわしいというか、VIOROが似合う感じでした。
皆さんも是非福岡にこられた際はVIORO4F ONETACKを覗いてみてください。

久々に店舗をやらせていただきましたが、いやぁー面白かですなぁ。
あ、そして今回時間が限られた中で段取りよく工事を進めていただいたCPOの塚本さん、逢坂さんありがとうございました。
オープン当日の5月1日、弊社CGディレクタの角戸Dの結婚式前に松島と開店祝いのお花を届けに。
c0079716_11445163.jpg

美人店長さんに手渡しをして、そそくさ結婚式に行きました。(ダッシュ・・・)

そして前代未聞の緊張っプリを見せてしまった主賓挨拶の大役。
また次回・・・。


応援クリックお願いします。
今何位?
にほんブログ村 経営ブログ 若手社長へ
にほんブログ村
[PR]

by shigotobiyori | 2010-05-10 11:44 | 企画

自分のバカ!

あったけっ!今日の福岡かなり暖かいです。気をつけないとこの小春日和を乗り過ごしそうな勢いで夏になっちゃいそうです。
この小春日和を体感すべく、なんだかいつもより無駄に外でタバコすってます。

c0079716_16254463.jpg


スタッフブログでも既に紹介されていましたとおり、弊社で3年弱勤めていただいたアドアルファのグルメ女王の綱脇が3月末で退社いたしました。
今までお世話になった方々、もしやご挨拶にお伺いできていないかも知れませんがこの場をお借りしてお礼申し上げます。本当にお世話になりました。
男性ばかりの福岡事務所で紅一点で私達をいや・・・笑わしてくれた彼女ですが、これからは自分のやりたいことに時間を使うことでかなりの勢いで前進していくとのことでした。この狭い福岡ですのでまたどこぞでお会いすることもあるでしょうし、アドにもちょくちょく顔出してもらって、雇用という枠を超えたシゴトをまた一緒にできるとも思っていますのでこれからもよろしくお願いします。


さてさて
昨日は構想から約1ヶ月にわたり事務所全体でとある建築事務所さんと有名なロゴをたくさん生み出しているデザイナーさんと一緒にやってきた商業施設のコンペのプレゼンでした。

アドアルファからは当初の企画段階から3人体制で参加させていただき、このプレゼンにはウチからは私一人で参加をさせてもらいました。

初めての建築の方との協働ということもあり、慣れない雰囲気でのプレゼンだったというのが正直な感想です。しかしそれ以上に建築家の方のプレゼンに魅入ってしまいました。

すごいね。さすがだなと思い時間ばかりが経ち、最後に差し掛かり「そういえば一言もしゃべってないな」と気づき、私が担当として質疑を受ける箇所もありましたがその部分での質疑もなく、ついつい流れに身を任せ終わってしまいました。

今回の私の立ち回りとしてもショップ店員さんたちが休憩する場所をいかに機能的且つモチベーションがあがるように構築できるか等のソフト面での企画や空間のプロデュース。色々と細かい機能や役割をもっと説明するべきでした。

今まで自社のプレゼンでは酸欠になるんじゃないか位、話し倒してしまう私ですが、それだけ出番がなかったのも事実だし、話さない方がスムーズだった雰囲気もあり終了後は特に気にしてなかったのですがバイクで事務所に戻りながら「あぁ~話すべきだったなぁ~」と後悔。

いつも社員には意見だしや客先では積極的に話すように言っているくせに「駄目だなぁオレ」と自己嫌悪。
建築家の方にも迷惑というかチームで見られるときに話さない奴が居るだけでちょっとイメージダウンだろうなとか・・・・ぐじぐじぐじ・・・・・

これは本当にいかんですバイなぁ。反省。



「自分のバカ!!」


最近、6歳になる長女が最近言うセリフ。
使い方:誰にも文句が言えない、自分で転んで痛いとかの時に自分の頭を自分で小突きながら言うと効果的


まさに今日の私もそんな気分

「自分のバカ!!」







バカな私ですが

応援クリックお願いします。

一時休止してた割りには少し上のほうに上ってきたみたい。
今何位?
にほんブログ村 経営ブログ 若手社長へ
にほんブログ村
[PR]

by shigotobiyori | 2010-04-06 16:30 | 企画

居抜き?そうです。オフィスデザイン会社が企画する居抜き!!

昨日もだけど今日も、さむっ

この前は事務所裏には一足早く咲いた桜に、「春だなぁ」と和んだのに。
c0079716_2215936.jpg




さて

居抜きのスナック、居ぬきの居酒屋はよく聞く話。
今までのオフィスは「居抜く」ほどのモノはなかったのですが東京や一部の関西では
この居抜きオフィス専門でやられている不動産屋さんもいます。
昨年11月くらいに東京でお会いしたこの会社の社長さんは
完全に独占しているとかで急成長しているようでした。

福岡でもいずれそういった会社が出てくるのだろうなと思っていたら
まさか、自分達のデザインしたオフィスが急遽お引越しになるなんて・・・。

残念な気持ちでしたが、正直「居ぬき」オフィスが福岡で前例もあまりないと思うので
単純に考えて「おもしろそー」と思い、積極的に動いてみることにしました。


まずは、そういった変わったこと(物件)をご紹介していただけるとしたら・・・。
そうです。福岡にはこのお方がいらっしゃいました。
福岡R不動産」さんにご相談。





「いいっすねぇ!」   早っ


さすがです・・・その興味の広さ。



<中略>




「できました!」     早っ



さすがです・・・そのスピード感。



「行ってきます!」    早っ

といって彼は東京出張へ。



さすがです・・・その行動力。(関係ないけど)




褒めすぎか?!

いやいややっぱすごいなぁ。
c0079716_22112030.jpg




ということで、募集内容はココでご覧になれます。

http://www.realfukuokaestate.jp/estate.php?n=442


ちょっと違った角度でのご紹介はアドアルファのトップに

http://www.addalpha.co.jp/

c0079716_22114592.jpg


こちらは弊社のナンバー8こと今年ブレイク中の松島がこの福岡R不動産の早さに
負けじと、カチャカチャやってました。これもすごいけど・・・。



たーだ、これで決っても、なーんかまた「東京のまねやん!」という奴がいるかと
想像するだけで(これが自分でなければ真っ先に私が言いますが・・・)嫌気が差します。


福岡からなにか新しいぃぃぃぃぃぃーオフィスのカタチを!働き方を!

んんんんぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーー?!?!?!??!



でてこない・・・・。




まぁ、寝て待つか。




おーしまった。期限があった。(当たり前)



4月で一応退去されるのでそれまでに。


どなたか良いアイデアあればこちらまで
http://www.addalpha.co.jp/contact.html
携帯ご存知の方は遠慮なく携帯まで。





たぶんまだランク外ですがお知り合いの方、よしみで
クリックを




応援クリックお願いします。
今何位?
にほんブログ村 経営ブログ 若手社長へ
にほんブログ村
[PR]

by shigotobiyori | 2010-03-11 22:16 | 企画